過去のセミナー「ハローワーク求人」

鹿児島県労働問題研究会セミナー 毎月セミナー第100回記念応募者が劇的に増える!ハローワーク求人の秘密セミナー2017平成29年8月26日(土) 午後1時30分~午後4時00分 / 県民交流センター3階 小研修室 第1

ハローワーク求人
ハローワークの求人で、1週間で24人の応募!その秘密は・・・
  1. 以下のような秘密があります・・・
  2. ■ 求人票で、何をアピールすると相手に響くのか?→それを引き出す経営者への7つの質問!
  3. ■ ハローワークの求人票の書き方!改めて解説いたします!求人を出す目線と見る目線の違いについて!
  4. ■ 仕事を探している人は、どこで仕事を探すのでしょうか?→ネット検索と求人について!
  5. ■ 現在のホームページの意外な活用方法!応募者に、自社のホームページを見てもらうには?
 労働力人口が減少し続けています。平成29年4月の有効求人倍率は、全国平均1.48倍とのことです。これはバブル期の1.46倍を超え、深刻な人材不足です。求人を出しても応募がない・・・という切実なご相談を受けることが多くなってきております。また、応募がないから求人の給料を上げる→そのため新入社員と既存の社員との給料のバランスが悪くなる→既存社員の不平不満が出る・・・という悪循環になっている企業様も多くみられます。
 さらに、求人の応募がないと、ウチの会社はそんなに魅力がないのか???と会社を否定されたようで悲しくなってしまいます。
 実は、当法人も、求人を出しても応募がない状況が続きました。どうしたら、応募が増えるのか?何日も何日も考えた結果、人を集めるという意味では同じことではないか?と思い、私の得意分野である「マーケティング」のテクニックと「心理学」のテクニックを使い、求人票の内容を変更してみました。その結果、応募者が1週間で24人!(ちなみに、給料アップや休日増等の労働条件を良くしたわけではありません。)
 また、数社の顧問先でも、同じ方法(7つの質問)で、求人内容を変更してもらったところ、応募者数が、確実に増えております。実は、会社に魅力がないから応募がないのではありません。会社の魅力を求人票で伝えてきれていないからなんです。
 これから、人材の確保が、企業存続のカギとなっていくでしょう。今回、ハローワークの求人に特化した、応募者が増える「求人票」を作成するためのセミナーを開催いたします。求人で、人材が集まり、お客様も増え、事業が発展していく!そのヒントを御提案するセミナーです。
セミナー参加者様のご感想
本セミナー参加者様から頂いた貴重なご意見・ご感想を下記にてご紹介させて頂きます。
S社T様 記入を細かく多くすることスペースを埋めることを即実行しようと思った。
P社K様 求人作成のための「7つの質問」の答えを考えようと思った。
S社U様 求人票の見直しを即実行しようと思った。
T社H様 自社の求人票のチェックを行い、修正・変更しようと思った。
株式会社コルテーヌ 黒木祥輝様 大変参考になった。
M社Y様 求人票の更新、本日のセミナー内容に習って、より詳しく記載しようと思った。
H社T様 採用される側にとってのメリットをアピールする事、自社の外形的な部分についてアピールする事を即実行しようと思った。
N社U様 会社PR等を詳しく案内しようと思った。
N社Y様 今、現在出している求人票の見直し、内容の検討を即実行しようと思った。
N社Y様 求人作成のための「7つの質問」の当てはめを即実行しようと思った。
T社Y様 空白を埋めることそ即実行しようと思った。
Y社M様 求人票の工夫を即実行しようと思った。
K社T様 現状の自社の求人票のチェックと見直しを即実行しようと思った。
S社H様 ハローワークの求人内容の見直し
B社Y様 求人票をしっかり埋めようと思った。
C社N様 求人票の改善を即実行しようと思った。
H社O様 求人票の変更を即実行しようと思った。
M社M様 求人票を作成する時に、事細かく記入することを心掛けようと思った。
M社M様 求人票の改稿を即実行しようと思った。
K社M様 参考になった。
N社A様 求人票の見直しを即実行しようと思った。
O社T様 10月更新の求人票の内容の見直しをしようと思った。
M社S様 求人票の見直しを即実行しようと思った。
K社A様 当社の強み、個性とは何かをスタッフで話しあってみようと思った。