過去のセミナー「リスクマネジメント」

問題社員のリスクマネジメント編 2017 平成29年11月11日(土) 午後1時30分~午後4時00分 / 県民交流センター4階 小研修室 第3

リスクマネジメント
社員は、権利ばかり主張をする!と良く言いますが、御社での社員の義務を決めていますか?
労働基準法では、常時10人以上の従業員を雇用する事業主は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届けなければならないと定めています。でも、「法律で義務だから就業規則を作る。」だけでは、何の役にもたちません。
私達の目指す就業規則は、会社で働く上でのルールであり、会社のマニュアルであり、会社や社長の目指す方向が理解できるものであり、コンプライアンスと内部統制が取れるものであり、従業員の働く意味がわかるものであり、会社と従業員のトラブルを未然に防ぐものであり、従業員の協調性を高めるものであり、従業員が安心感を持って働けるものであり、従業員のヤル気が出るものを目指しています。これらが達成できれば会社の業績が上がらないわけがありません。最終的には、従業員は、仕事にやりがいを持ち、会社は、業績を伸ばし続ける。そんな、会社も従業員も幸せになれるツールのひとつとして、「就業規則」を整備していくことをお勧めします。
セミナーの内容は…
  1. □ 「契約自由の原則」と「労働契約」と「就業規則」。
    なぜ、就業規則を作ることでリスク管理やモチベーションアップができるのか?
  2. □ 「総則」・・・
    御社のパート・アルバイトの定義は?ほとんどの就業規則に削除したほうが良い条文が・・・
  3. □ 「勤務時間」・・・
    始業時刻ギリギリに出社する従業員対策は、こう規定しましょう。ダラダラ残業、対応規程例。
  4. □ 「懲戒」・・・
    問題行動をした場合の懲戒処分について、適正に運用できていますか?
  5. □ 組織のモチベーションアップは、何をするか?よりも誰にするか!
  6. □ 「表彰」・・・
    どのような場合に、どのような表彰されるか?
  7. □ 「退職金」・・・
    退職金は、社員のためではなく、会社のために制度を設ける!
  8. □ 良い社員の行動基準を作り、採用、教育、評価の仕組みを作る!
セミナー参加者様のご感想
本セミナー参加者様から頂いた貴重なご意見・ご感想を下記にてご紹介させて頂きます。
K社O様 労働時間の管理、遅刻・早退の許可制を即実行しようと思った。
I社F様 リスクマネジメントとモチベーションアップのつながりが大変参考になった。
K社K様 就業規則を即見直そうと思った。
S社S様 契約書を見直し、就業規則を詳しくしたいと思う。
O社G様 懲戒処分については事実の記録を取って行こうと思った。
I社S様 大変参考になって。
O社K様 時間外労働の考え方を即実行しようと思った。
M社I様 大変参考になりました。ありがとうございました。
N社H様 就業規則の見直しを即実行しようと思った。
N社M様 就業規則の内容を見直そうと思った。
T社H様 就業規則にのっとり、問題社員に対して、きちんと対応しなければならないと感じた。
O社N様 貴重な資料をいただき、大変助かります。
H社T様 有給休暇の残日数の確認、見直しをしようと思いました。
S社M様 応募時の書類、試用期間の解雇理由など、大変勉強になりました。
S社G様 大変参考になりました。
D社O様 早退、遅刻の計算方法を即実行したいと思いました。
K社N様 就業規則の見直しを検討したいです。
S社S様 試用期間の有効な利用ができていないので、即実行しようと思った。
A社T様 就業規則の見直し、会社としての思考展開の再検討、問題の抽出、即実行したい。
G社T様 就業規則がテンプレートのままで、現状にあっていないので、見直したい。
H社T様 大変参考になりました。
S社S様 休職、復職の時期や判断基準を見直したいと思った。
K社K様 目からウロコ状態のセミナーでした。
P社T様 有給休暇の取り方について、検討しようと思った。
Y社H様 当社の就業規則とセミナーの内容を照らし合わせてみようと思った。
T社T様 現在、取り組んでいることの確認になった。
A社M様 従業員のモチベーションアップについて、もっと聞きたい。
やまさき労務事務所 山崎様 今後、顧客の労務管理に大いに役立ちそうです。
駒走社会保険労務士事務所 駒走様 就業規則は奥が深いということを改めて学びました。
堀之内労務管理事務所 堀之内様 事務所での就業規則の改善をしようと思いました。
T社K様 就業規則の必要性がわかりました。
B社F様 就業規則を細かく見直すことが必要だと感じた。
A社K様 すぐに応募時に提出させる書類を明確にしようと思った。
K社S様 大変参考になりました。
Y社Y様 就業規則を見直すのに必要な知識を勉強できた。
I社I様 大変参考になりました。ありがとうございました。
S社M様 一回、いいよと言ってしまうと社内のルールっぽくなる場合があるので、人によって変わらないようなルール設定が必要だと感じた。
K様 退職時の有給の取り扱いについて、社内で問題となっている。
J社M様 全体的な就業規則の見直しが必要だと感じた。
L.T様 さっそく会社の実態にあわせて就業規則の見直しを行ってみようと思いました。
L.F様 就業規則の改正などについて、大変参考になりました。給料などの計算方法の見直しなど、すぐに取り入れてみることが出来そうです。
E社E様 就業規則の見直しを即実行しようと思った。
T社T様 早退・遅刻をするスタッフについての給料計算を見直したいと思った。
H社T様 休職からの復帰について、復帰のポイント等を説明しようと思った。
A社M様 現在の就業規則で、記載されていない項目があるので、追記・見直しを即実行しようと思った。
P社K様 現在の就業規則の改定を即実行しようと思った。
F社F様 大変参考になりました。
C社K様 労働契約上の従業員の義務を、キチンと説明しようと思った。
A社M様 大変参考になりました。
M社M様 問題社員・問題事項をピックアップして、対処方法を検討しようと思った。
S社A様 大変参考になりました。
T社M様 まずは自社の就業規則を理解しようと思った。
A社I様 大変参考になった。
F社F様 大変参考になった。60歳定年の再雇用について、また聞きたいと思う。
A社U様 就業規則の見直しを即実行しようと思った。
N社Y様 就業規則の見直しを即実行しようと思った。
T社M様 大変参考になった。
N社N様 参考になった
N社I様 参考になった
K社M様 大変参考になった
N社Y様 就業規則の見直し、ルールの策定を即実行しようと思った
F社F様 就業規則による服務規律の周知を即実行しようと思った
M社K様 大変参考になった
M社S様 大変参考になった